結婚指輪のおすすめの形とは | 大阪で手作り結婚指輪を選ぶときに見るサイト

HOME » 手作り指輪情報サイト » 結婚指輪のおすすめの形とは

結婚指輪のおすすめの形とは

結婚指輪の形ってどうする?

大阪にはたくさんの手作り結婚指輪のお店や工房があり、選べる指輪の形は星の数ほどあります。

これにするとすぐに決められればいいですが、実際には目移りして決められなくなることもありますよね。

いくつかおすすめの形をご紹介しましょう。

シンプルで定番のデザイン


結婚指輪の形というとストレートが定番になっています。

面白みがないと思うかもしれませんが、これから毎日指にはめるものですから、シンプルな形の方が使いやすい場合もあるのです。

たとえば仕事中やお葬式など、あまり派手なものが好まれない場に出たときでもそのまま使い続けられます。

パーティや結婚式など華やかな場に出たときでも違和感はありません。

年齢を重ねてもシンプルな指輪なら似合わなくなるということはそれほど多くありません。

シンプルだからこそ長く、いろいろな場面で使えるということで人気の形です。

定番だけど少しオシャレなデザイン

ウェーブ、V字といったデザインはストレートと並んで結婚指輪にもよく使われる定番デザインですが、ストレートよりは個性があります。

どちらもその名前の通りの形で、ウェーブはリング全体が波のように緩やかにウェーブしているもの、V字はリングを正面から見るとちょうどVの字のようにリングが変化しているものとなります。

ストレートに比べると少しオシャレですが、個性的すぎるというほどではありません。

あまり目立ちすぎない範囲でオシャレな指輪がほしいときなどおすすめです。

個性が強いものがいいなら

先にご紹介したものはいずれも定番デザインで個性が強すぎないものとなりますが、なるべく個性的な指輪がいいならどんな形がいいでしょうか?
たとえば幅広という形があります。

リングの幅が通常の指輪の2~3倍、もしくはそれ以上といった幅になっており、かなりごつい指輪となります。

指の太い男性などに似合いやすい形となりますが、個性的な指輪を好む方には総じておすすめです。

もっと繊細で凝ったデザインがよければクロスといった複数のリングが絡み合っているような形などおすすめですね。

このようにいろいろなデザインがありますから、特に希望がなければ定番デザインの中で、個性的な指輪がよければ凝ったデザインを選ぶといいでしょう。