大阪で手作り結婚指輪を作るときの悩み!身に付けるのはいつが正しいの? | 大阪で手作り結婚指輪を選ぶときに見るサイト

HOME » 手作り指輪情報サイト » 大阪で手作り結婚指輪を作るときの悩み!身に付けるのはいつが正しいの?

大阪で手作り結婚指輪を作るときの悩み!身に付けるのはいつが正しいの?

手作り結婚指輪を大阪で作りたいと思っている人は、何かと悩みを抱えていることが多いです。
価格や予算、デザインについて悩みを抱えている人だけでなく、手作り結婚指輪を付け始める時期はいつなのか悩んでいる人も多いと思います。
付け始める時期は人それぞれ違うので、まずは手作り結婚指輪を作る前に身に付ける時期についてもサイトを見てチェックしておくべきだと思います。

・手作り結婚指輪は挙式の前に自宅に届く
手作り結婚指輪について調べてみると、大阪では手作りをしてから1ヶ月〜2ヶ月くらいで指輪が仕上がり、自宅に宅配で届くことを知った夫婦も多いのではないでしょうか。
となると、手作り結婚指輪の悩みも1つ増え、付け始める時期はいつが正しいのかを調べなくてはなりません。
手作り結婚指輪を付ける時期はいつが正しいということはなく、自宅に仕上がった指輪が届いたときからはめたという人もいれば、挙式まで大切に箱に入れておいたという人もいます。

・その割合はどのくらい?
手作り結婚指輪を購入した段階で身に付けるのは大体30%程度で、挙式まで大切に保管するという人は70%程度に上ります。
この結果を見てみると、手作り結婚指輪をいつはめるのかについての悩みは挙式後とするのが良いように感じられます。
言い伝えとしては挙式の前にはめると指輪交換のときに神聖さがなくなる、いいスタートが切れないともいわれているので、手作り結婚指輪を大阪で作ってもすぐにはめないようにしましょう。

このように手作り結婚指輪については、いつから身に付ければいいのか悩んでいる人も多いと思います。
皆がいつから身に付けているかをサイトで確認してみるのもいいのですが、いつ付けるものという定義はないので、2人で決めた日から身に付けるのもいいと思います。
大阪で手作り結婚指輪を作るときはいつから付けるのかを2人で話し合い、挙式まで待とうという話になれば自宅に届いても梱包したまま大切に保管しておいたほうがいいと思います。